不安症

ロックダウンでカウンセリング

コロナで自宅勤務になって二か月。空になったスーパーの棚を見て噴出した不安もなくなり、快適になってきた。

最初のころは、底知れぬ不安に飲み込まれそうになっていた。つい先週まで普通に買えていたものが、突如として手に入らなくなり、つい昨日まで普通だった毎日が、別世界に来たように変わってしまった。同じところに住んでいて、家も自分もなにも変わっていないのに、一度外に出ると、街はゴーストタウン、スーパーの棚はガラガラ。

仕事もあるし、給料がなくなるわけでもない。友達もいなくならないし、同僚も普通に働いている。なのに、確実になにかが変わっている。日常と、非日常の間を、メンタルが瞬間移動しつづけているような感覚。

あれから、二か月。小麦粉など、今だに手に入りにくいものはあるけれど、スーパーはほぼもとに戻った。時間を外せば、入店に並ぶこともない。もともと毎日飲みに出かけるようなタイプでもないし、友達とはロンドンまで出かける必要もなく、オンラインですぐ話ができるようになった。これを機会に、こっちの友達も日本の友達も、いろんな友達にオンラインで話しかけられて楽しい。ロックダウン前より、友人関係は充実しているような気もする。

出かけても人がお互い避けて通るので、非常に快適。いつもなら私ばかりが避けて歩いていたところ、向こうも積極的に避けてくれる。こちらの人に比べたら小柄なのもあるし、今までは「あまり人の目に入っていないのでは」と自虐的に感じることばかりだったけれど、こんな時期だからなのか、ちゃんと人が避けてくれる。本当に快適。

この間になにか取り組みたいと思い、カウンセリングを毎週にした。食料と日用品しか買わなくなってお金も余裕があるし、こんな時期だからこそメンタルの調子を整えることも大事。それに、メンタルが不安定になっているこういうときだからこそ、通常では出てこない奥にしまいこんである不安にもアクセスが可能になる。

カウンセリングでそう話したら、先生に「Kelokoさんらしいですね」と言われた。

こういう不安なとき、それを解消したくてカウンセリングを受けようと考えるのが普通の人。でも私の場合、今は不安を出し切るチャンス。我ながら、ドMの発想だ。

でも本当に、人間、なんにもないときにメンタルを探っても、なにか見つけるのはなかなか難しい。仕事でなにかあったり、人間関係でなにかあったりと、心が反応するイベントがあって、初めて取り組むことができる。だからこそ、通りすがりの他人ではなく、家族や配偶者、近い友人などの心が反応する距離にいる人達といることで、自分の中になにがあるかを見ていくことができる。

今回は、そのどれでもない。対人関係からではなく、一人でいても「不安」というものが出てくるイベント。こんなことはめったにない。今まで出てきたものとは違う、もっと別の引き出しも開けられるのでは。

先生の「Kelokoさんらしいですね」という言いかたにも、ひかれた。けして、「素晴らしい取り組みですね」ではない。「こういうときにこういう取り組みをすることが正しい」ということではないのだ。

これは単に、「」にとっての、正解。「私」が、やりたいこと。他の人には、他の取り組みがある。これが「私」の道というだけのこと、という印象を与えてくれる。さすが。こうやって、言葉の一つ一つで少しずつ、人が持っている思い込みを修正していってくれる。この積み重ねで、アンバランスな思い込みがアンインストールされていって、バランスの取れた考えが身についていく。

ロックダウンが始まったころ、カウンセリングで話しているときに何度も涙が出てきた。不安な話をしていたわけでも、つらい話をしていたわけでも、なんでもない。どちらかといえばいい話であり、素晴らしいと思う人の話だ。いつもとりとめのないことを聞いてもらっているが、自分が思ってもいないところで、涙が出てきて止まらなかった。こんなこともあるのだなと、びっくりした。

たぶんこれも、いつもとは違うこういう状況だからこそ、出てきたものでもあるのかもしれない。本当に、おもしろい。

最近ではそれも落ち着いてきて、涙が出ることもなく、ポジティブな話が続いている。それもちょっともったいない気もする。こういうときだからこそ、だばだばと涙を出しておきたい。今までやったことがないことをして、見たことがないものも見てみる。それをすることで、今までは出たことがなかった自分を出せる。知らない自分を発見して、また自分の枠が広がっていく。

想定外(の素晴らしいこと)を想定する

人を尊重し受容する」で書いた通り、今の仕事ではどれだけ失敗したと思っても受容され、びっくりする毎日を過ごしている。

そしてこのびっくりが、とうとう私生活にも及んできた。

夫のお下がりで使っていたデスクトップのでっかいiMacがあって、引っ越しのときにこれを売って、ノートパソコンを買うという話になっていた。うちでは夫用と私用とだいたい二台パソコン類があって、古くなるとそれを夫がネットで売って、新しいのを買ってきた。それで今回も、引っ越したらハウスシェアで手狭になるし、私のノートを買うという話になっていた。

ところが、なんとなく夫の言うことが変わりだした。最初は普通に「これを売って新しいのを買う」という話だったのに、だんだんと「売れたらお金はKelokoにあげるね」「今自分は困っていないから」などと言うようになってきた。それでもまあ「売って買う」という話だったので、とにかく売るのはいつでも売れるから、私の引越し先も決まったし、先に新しいのを買ってしまおうということになり、どれがいいか検索していた。

「いくらぐらいで売れるかな」という話を再度していたとき。最初は「600ポンドくらいで売れる」と言っていたのが、「150ポンド」と言い始めた。え??どうして???と聞くと、「(二人で住んでいた)部屋の退出時の清掃で200ポンドかかって、残りの300ポンドを二人で割るから、150ポンドだよ」と。流しで作業をしながらこちらに背を向けて、さらっと言った。

え?????このiMacを売って、私のノートを買うんだよね???なんでそこから清掃料を????

サアーーーっと血が引いていった。全身が震えて、心臓がバクバクし始めた。

「清掃ってなに?私が使ってたこれを売って、私のノートを買うって話だったよね?」と言うと、「いつからそのiMacはお前のものになったんだ!!二人のものだろ!!だから売れた金額は二人のものだ!!!!!」と。

すごい顔だった。言葉がなにも出てこなかった。この人は、いったい人間だろうか。

かろうじて、「気が変わったなら、変わったって言っていいんだよ」と言えた。たぶん、目の前のお金が惜しくなったのだ。普通の人なら、それでも「いつもこうして新しいのを買ってきたし、今回はKelokoの番だから」ということがわかるだろう。百歩譲って、やっぱりお金がほしくなったとしても、普通の人なら「こういう話をしてはいたけれど、半分づつにしない?」と言える。

「そうだよ、気が変わったんだ!!!」
「いや、そんなことない、俺は最初から半分と言っていたじゃないか!!!」

夫の言うことは、ぐちゃぐちゃだった。こちらを見ないようにして「150ポンド」と言ったことからも、自分がどこかおかしいことを言っているということは心の底ではわかっている。でもそれを認識して言葉にすることができない。だから怒る。「ほらそうやってすぐ怒る」と言うと、一瞬ぐっとひるんだものの、「お前が理不尽なことを言うからいけないんだ!!!」とやはり怒りをぶつけてきた。

「じゃああなたが今使ってるノートも、売ったら私が半分もらえるの?」と聞くと、「もちろんそうだ、でもこれは売るつもりはない!!!」。

手のつけようは、なかった。やはり、離れることにして正解だった。

最後の最後までこれ。。。本当に悲しくなった。どうしたら穏便にここを切り抜けられるのだろう。あとここだけでいい、穏便にここを去って、自分の人生を始めたいのだ。このどこまでも私を追いかけて絡め取ろうとしてくる、どす黒い蜘蛛の糸から逃れるには。

なにも言い返さず、心を落ち着けて、ゆっくり考えた。すると、とっさにが浮かんだ。そうだ、これしかない。

「じゃあ、売らない
「売らないで、これを使い続ける」

普通の顔が、できていたかどうか。とにかく、全身全霊で平静を装って、そう言った。

すると夫は、「そ、そうか」と。「そうだよ、最初からそれがいいと思ってたんだ」「まだまだ全然使えるんだから」。

先に新しいのを買っていなくてよかった。。!!!!!心の底から、そう思った。これで新しいのを買ってしまっていたら。そう思うと、状況のぎりぎりさに心身が震えてきた。買わなきゃ買わなきゃと思っていたけれど、あれだけうじうじして悩んでいて、本当によかった。データをハードディスクに移したりいろいろやらなければと思っていたけれど、さっさとやっていなくて、本当に、本当に、本当によかった。

夫は、iMacを丁寧に梱包してくれた。買ったときのケースにしまってくれて、タクシーを呼んでくれた。怖かった。

狭い部屋に、どどーんとでっかいiMacがやってきた。果たして、これが売れるのか。不安でいっぱいになった。

とにかくもう、自分で売るしかない。きれいに磨いて写真を撮り、ネットの掲示板に出した。夫も何度も使ったことがあった掲示板だったけれど、たぶんあやしい人もいるだろう。詐欺に引っかかったりしないか、そんな人を見極めて、私がこれを売ったりできるのか。本当に、不安で不安でいっぱいだった。でも、やらなければならなかった。この狭い部屋で、置くところもなく、これを使い続けるわけには到底いかなかった。

ロンドンに行ったとき、ノートパソコンを買った。いつも夫に選んでもらったり、夫のお下がりを使っていたので、こんなに高価な買い物をしかも家のお金でなく自分のお金でするのは初めてだった。本当に緊張した。でも、新しいパソコンにわくわくした。これでまた記事を書いたりできる!!買ったあとにお茶した友人から、彼女のサイトの説明文を書いてほしいと頼まれたりもして、どんどんやる気が出てきた。

掲示板では、何人かから連絡があった。連絡があるたびに、「この人は大丈夫だろうか」「受け渡しのとき、女一人だとわかるやいなや、暴力振るわれて逃げられたりしないだろうか」と、そんな考えばかりが頭に浮かんで、不安で不安でしかたがなかった。ハウスメイトの男性に、受け取りのときに在宅してくれと頼もうかとも思ったりした。

問い合わせをしてきた人の中で一人、「買いたい」という人がついに出てきた。「ディスカウントはあるか」と聞かれたので、「複数の人から問い合わせをもらっているから金額は変えないつもり」と答えると、「じゃあそれでいいからください」と。

なぜか毎回名前が違う人で(同じGから始まる名前だったのだけれど、二つの名前をほぼ交互に使っていた)、アルファベットの大文字やピリオドをきちんと使わない人だったので、ちょっと心配だった。でも文章の内容は普通でしっかりしていたので、この人に売ることにした。

英語がネイティブでないので、会社の同僚にこの人とのやり取りをみてもらった。おかしい人じゃないか、大丈夫そうか。反応が普通だったので、大丈夫なのかもしれないと思った。当時の上司は、趣味でしょっちゅう掲示板やネットで車を売ったり買ったりしている驚きの人だったので、初めて掲示板でパソコンを売るのだけれど大丈夫だろうか、銀行振込と言われたけれど大丈夫だろうか、と相談してみた。

「ほとんどの人は普通の人だから大丈夫」と彼女は教えてくれた。ただ、それだけたくさんやり取りしてる中で一度だけ、変な人に当たったことがあると。現金で支払うと言っていた人が、明らかにコピーで作った偽札を渡してきたことがあって、これはおかしいと言うと、笑ってそのまま帰っていったと。

現金やPaypalもあるけれど、一番いいのは銀行振込だから、それでよかったよと言われた。ただ、相手が携帯で振り込みをしたあと、きちんと自分の口座に振り込まれたことを自分の携帯から確認できるまでは、その場から離れさせるなと言われた。たまに30分とか2時間とかかかるときもあるけれど、それが終わるまでは絶対に帰すなと。そんな、初対面の男性と家に二人きりで2時間もと思うと、ますます怖くなってしまった。

とうとう明日受け取り、という夜。

不安で不安でぐちゃぐちゃだったのだけれど、もうどうしようもない。とにかく明日会ってみてからだ。

なんとなく。ベッドの脇に置いてあった、箱に梱包されたパソコンをなでて、「きっといい人が迎えに来てくれるよ」「大丈夫」「いい人にもらわれて行きなね」と。まるでペットにするかのように、言い聞かせてみた。なにをやっているのだろうなと思いながらも、気持ちをパソコンに託してみた。

これが、想定外の結果を呼ぶことになるとはつゆ知らず。

無視されると感じるメカニズム

このあたりで、本格的にカウンセリングを受け始めてから5か月。ここまででわかったことをまとめてみた。

1)怒りの原因について

①「人が言うことを信用できない」で書いたように、Entitleされていないと感じるとき
相手のタイミングで話を切り上げられるときや、先に「もう寝る」と言われるなど、相手のタイミングでものごとを進めようとされるとき。

②気持ちを無視されていると感じるとき
話しているのに相手の話にもっていかれるときや、泣いている/悲しんでいる/喜んでいるのにまったく違う話をされるなどして、無視されるとき。

誤解されるとき
相手が自分のことを間違ったように解釈してなんの疑いも持っていないとき、またその上さらに相手の解釈を押しつけてくるとき。

2)不安の原因について

①常に完璧でいなければならない
少しの漏れも見逃せないから、常に360°何年先のことまでも気を張り詰めてなければならない。

②結果をコントロールできない
人に合わせなければならないから、自分の希望することができず、終わるまでただ少しでも自分の希望に近い結果が偶然出ることを願い続けていて、いつも不安な気持ちを抱えながらいなければばらない。

③人の言うことを信用できない
夫が「休める」と言っても本当に休めるのか確認しないと信用できず、「大丈夫」と言われてもそれはその人の感覚だから本当に大丈夫かは自分で確かめないとわからないと思っている。

こんな感じだった。それ以前とはかなり変わってきていて、より本質に近づいていると感じていた。

こんなことが出てくるとは、それ以前には思いもよらなかった。日本語の「カウンセリングが終了」した時点でも多くのことに気づけたと思っていたけれど、このとき考えてみるとまだまだあれは表面的だったということがわかった。いかに自分が表面だけで生きてきたかということを、しみじみと感じた。

こうして書き出して見てみると、「怒り」は親からされたことと同じことをされるのがトリガー(引き金)になっていて、「不安」は親が信用できなかったことに由来していた。また、「怒り」の①と、「不安」の②は、同じことからきていると気づいた。同じことから、怒りと不安の両方が出てくる。ということは、ここが解消されれば二つ治るということだった。

かなり解明された感じがしていた。ほぼ核心まで来ていて、あとはもう治療に取り組んでいくだけなのかもしれない、とも思っていた。でも以前かなり解明されたと感じていたのにまたこうして理解が進んだことを考えてみると、もしかしたらもっと核心的なことが出てくるのかもしれないとも同時に思っていた。

ちょうどこのころ、「怒り」の②番「無視される」というところに関することがあった。

水が硬いイギリスでは、このように水回りにライムスケールがこびりつく。定期的にレモン汁や専用の洗剤スプレーを使わないと、どんどん真っ白になっていって大変になる。蛇口が回せなくなったりもする。

うちで使っていたBrita(浄水器)にライムスケールがかなりこびりついていたので、食洗機で洗おうと思って分解した。蓋のところに右の写真のようなメモリがついていたので、もし電池のようなものが入っているのなら、食洗機に入れられないかもしれないと思い、夫に聞いてみた。

私「これってエレクトリック(電気式)?」
夫「取りたいなら外そうか?」

私は「電気式かどうか」を聞いているのに、夫は「メモリを取り外すかどうか」という別の話になってしまっていた。質問に対し、まったく関係のない、しかも質問で、返ってくる。そして、すでに食洗機のドアまで開けていた。

思い返してみれば、こういうことは以前から頻繁にあった。でも最初のころは、自分がイライラすることにも気づかず、夫の話に合わせていたのだ。それで自分が話そうとしていたことがわからなくなって、なにも解決せず、夫がスッキリしただけで終わる。解毒が進んできてやっと、夫が話を奪っている、それに対して自分がイライラしているということに気づき始めたのだ。

質問に質問で返ってくるのもおかしいし、さらにその質問が私の話したかったことと関係のないものだと、「無視されている」という状況を想起させられて、怒りが湧いてくる。なぜイライラするのか、その原因がこのころようやくわかるようになった。そして、イライラして当然だということもここでやっとわかったのだ。

たぶん夫の頭の中では、

これは電気式
   ↓
食洗機に入れられない
   ↓
これだけ手で洗おうか?
   ↓
でもKelokoは食洗機で洗いたいのだと思う(勝手な思い込み)
   ↓
ここの部分は取り外せそうだ
   ↓
「取り外そうか?」

という思考が勝手に行われて、最後の「取りたいなら外そうか?」だけが口から出るのだろう。

問題点1:私の質問に対する答えが一切ない。

私が知りたかったことは「電気式かどうか」「電池が入っているかどうか」だったのに、まったく関係のない答えが返ってくる。頭の中でどんなプロセスが行われているかは、わかる。わかるけれど、自分の頭の中だけでコンピューターみたいに勝手に計算をしていて、コミュニケーションがまったくない。自分の中だけで完結してしまっている。

問題点2:私がしたいことを勝手に思い込んでしゃべっている。

私がしたいのは、それを食洗機に入れることではない。電池が入ってるかどうかを確認した上で、手で洗ったほうがいいか、メモリを外して食洗機に入れたほうがいいか、手間がかからなくていいのはどの方法かを割り出すこと。それを、私が「食洗機に入れたいんだ」と勝手に思い込んで、「そのためにはどうしたらいいか」を勝手に考えて、勝手にやろうとしてくる。

しかも、電池が入ってるかどうかなんて開けてみてもいないからわからないはずなのに、「Kelokoは食洗機に入れたいんだ」という勝手な思い込みが優先して、「電池だよ」と私の質問に対しては適当なことを言ってくる。

問題点3:Defensive(過剰防衛)になってどうでもいいことを主張し始める。

私が咎めると、「なにが問題になっているのか」「どうしたらいいのか」を導き出す話し合いにならず、「自分が言っていることは正しい」を主張するだけになる。

「そうではない、電池式かどうかを聞いてる」と言うと、「でもこれ外せるよ」と、またわけのわからない回答を出してくる。「食洗機に入れても、これだけライムスケールがこびりついてると、後で手でも洗わなければならないだろうから、最初から手で洗ったほうがいいということもある」と言えば、「食洗機にはライムスケール落としが入っているから、こんなのすぐ落ちるよ」とムキになって言ってくる。ライムスケールが本当に落ちるかどうかではなく、「食洗機に入れさせる」ことが目的になってしまっている。

こんなにこびりついてるのに、食洗機に入れただけで全部きれいになるはずがない。そんなことは簡単にわかるはずなのに、「落ちる!!」と、きっと自分でも本当は思っていないだろうことを必死に主張してくる。それで実際もう面倒だから食洗機に放り込んでやったら、案の定こびりついたまま出てきた。それを見せても、「ああごめんね」で終わり。自分でもきっと、なんでそんなくだらない主張をしたのかわかっていない。

このころまでは、こういう無駄なことが本当に多かった。どうしたらいいかも、当時はわからなかった。それでも、どういう仕組みで怒りや不安が出ているのかメカニズムがわかったのは、本当に大きな進歩だった。それまでは、そんな仕組みがあるということすら知らなかったのだ。